医療法人社団 良伸会 臨港クリニック ロゴマーク
内科・消化器内科・内視鏡内科

西宮市 臨港クリニック りんこう便り-ドクターコラム|脂肪肝ですねと言われたら

内科・消化器内科・内視鏡内科 臨港クリニックりんこう便り-ドクターコラム【脂肪肝ですねと言われたら。】

RINKO
COMMUNICATION

りんこう便り

DOCTOR COLUMN

ドクターコラム

脂肪肝ですねと言われたら。

INDEX

INDEX

新型コロナウイルスの感染拡大がなかなか落ち着かないですね。
マスクと手洗いという基本的な予防策が完全に出来ないことだけでなく、
やはり感染力も強いのでしょう。
ワクチンが効果的であることを期待しています。


最近よく聞く、腹部エコーイラストところで…
腹部エコーは非侵襲的(身体を傷つけず・負担をかけない)で有用な検査であることは、ご存知の患者さんも多いと思われます。
その腹部エコー検査を受けて「脂肪肝がありますね」と言われたこと、ありませんか?
なんと、日本人の検診受診者の約30%の方が非アルコール性関連疾患、いわゆる「脂肪肝」と指摘されているそうです。

 

肝硬変、肝癌の原因になるのは、C型あるいはB型肝炎ウイルスが一番多く、その次がアルコールによるものです。
しかしながら、最近では内服治療で肝炎ウイルスがコントロールできるようになり、実際の医療現場においても、ウイルス性肝炎の患者さんは減少傾向にあるように思います。

 

その一方で、アルコールを飲まない脂肪肝の方は増加しております。
個人の感覚ではありますが、確かに最近、昔ほどの大酒家がいないように思います…


このアルコールを飲まない脂肪肝(NAFLD/NASH)はちょっと厄介です。
NAFLD・NASH は肥満などのメタボ体質を基盤に発症する肝疾患と言われており、肥満、糖尿病、高血圧、脂質異常症等のなどの生活習慣病をお持ちの方ほど発症リスクが高く、脂肪肝と診断された時点ですでに糖尿病を併発されている場合も少なくありません。


疾患としての活動性は血液生化学検査(ALT/AST)の上昇が参考になりますが、ちょっと数値高いだけだからと言って放置していると、その間に肝臓の線維化が進んでいる場合もあります。

 

ですので、私は患者さんにALT/ASTが異常値であると言うことは、何が原因であったとしても、肝臓が常に炎症をおこしていて、肝細胞がたくさん死んでいっている状態であると言うことを表しているんですよ、とよくご説明しています。

 

食事・運動・治療薬のイラスト特に肝機能異常を指摘され、精査を行った結果、非アルコール性脂肪肝(NAFLD/NASH)と診断された場合は、ちょっとの異常くらい大丈夫と油断せず、かかりつけ医ときちんと食事、運動療法やフォローの間隔などを相談するようにしてください。

 

多くの場合、大変な努力が必要ではなく、ちょっとした生活習慣の工夫で改善するものです。

 

だって、毎日の生活習慣のことですから、あまり無理なくいかないと続きませんから!

著者 名誉院長 菅原 淳

医療法人社団 良伸会 内科・消化器内科 臨港クリニック
内科・消化器内科・内視鏡内科 臨港クリニック

〒662-0922 
西宮市東町2丁目1-10 2階

予約・お問合せ 電話番号 0798-23-1300