医療法人社団 良伸会 臨港クリニック ロゴマーク
内科・消化器内科・内視鏡内科

臨港クリニック-医師紹介 副院長・内視鏡センター長 末吉 伸行

ABOUT CLINIC

医師紹介

NOBUYUKI SUEYOSHI, M.D.

副院長・内視鏡センター長

末吉 伸行

―増える大腸がん、胃がん死亡数、それでも低い検査受診率―

副院長・内視鏡センター長の末吉伸行です。私は臨港クリニックに着任する前、長らく大阪警察病院や淀川キリスト教病院の消化器内科で診察や内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ検査)に携わって参りました。

今、日本で「がん」によって亡くなられる方うち、「大腸がん」が男女全体の2位、「胃がん」は3位です。

だからこそ、内視鏡検査による早期発見・早期治療はますます重要となってきているにも関わらず、検査の受診率は低いままです。特に女性のがん死亡数1位は大腸がんなのですが、女性の方は恥ずかしさから、内視鏡検査はもとより便潜血検査の提出率も低くく、自覚症状や何らかの異常が出たときにはすでにかなり進行している、と言う事もあるのです。

内視鏡検査に対する
心の壁を取り除きたい

なぜ、なかなか内視鏡検査を受けていただけけないのか。

 

それは、やはり内視鏡検査がつらいもの、と思われている方がたくさんおられるからだと思います。さらには、以前受けた検査でつらい思いされた、女性の方においては恥ずかしさから足が遠のいてしまった。

これらの心の壁を取り除くべく、私たちは鎮静剤を用いた苦痛のない検査を積極的に行っています。

 

また、臨港クリニックには女性医師も常勤で日々の診察、検査にあたっており、患者さまの色々な心の壁を取りのぞきながら、安心して検査を受けていただける体制を作り、ご要望をお伺いし、ご希望を尊重しながら検査を行っています。

なぜならば万が一、患者さんに恐怖や恥ずかしさを植え付けてしまったら、次の検査を受けることがためらわれ、患者さんの早期発見の大切なチャンスを奪ってしまうことになるからです。

クリニックだからこそ
小さな良かったを積み重ねて行きたい

大病院と違い、当クリニックは風邪などの症状で通院される方も多い地域のかかりつけ医と言う役割も担っています。だからこそ、ちょっとした違和感、症状を訴える患者さんのお話に耳を傾け、必要と診断した内視鏡検査では「どんな小さな病変も絶対に見逃さない」の意識を強く持って取り組んでいます。

「小さな病変で発見できれば小さな治療で済む」

体にメスを入れる大きな治療と違い、患者さんの体への負担も大きく違う「早くみつかって良かった、小さな治療で済んで良かった」と私たちも、患者さんも、心から思う。

それこそが、私たち臨港クリニックの役割であり、内視鏡センターの使命だと考え、日々の診察や検査に全力投球して参ります。

プロフィール

副院長・内視鏡センター長

末吉 伸行 すえよし のぶゆき

■経歴

平成18年 大阪市立大学医学部 医学科卒業
同年 大阪警察病院 消化器内科
平成23年 淀川キリスト教病院 消化器内科
平成27年

臨港クリニック

副院長・内視鏡センター長 就任

■資格

日本内科学会総合内科専門医

日本消化器病学会専門医

日本消化器内視鏡学会専門医

日本肝臓学会専門医

■所属学会

日本内科学会

日本消化器病学会

日本消化器内視鏡病学会

日本肝臓学会

副院長・内視鏡センター長

末吉 伸行 すえよし のぶゆき
担当スケジュール
診察
 
午前診9:00~12:00     末吉 末吉 末吉

末吉(第4)

予約診13:00~16:00         末吉  
午後診16:00~19:00 末吉   末吉 末吉 末吉  
内視鏡センター検査
 
午前9:00~12:00 末吉         末吉(第1・第3・第5)
午後13:00~16:00 末吉     末吉    
RINKO CLINIC DOCTORS
医療法人社団 良伸会 内科・消化器内科 臨港クリニック
内科・消化器内科・内視鏡内科 臨港クリニック

〒662-0922 
西宮市東町2丁目1-10 2階

予約・お問合せ 電話番号 0798-23-1300